BlackCycの【ク・リトル・リトル〜魔女の使役る、蟲神の触手〜】の体験版をやってみました。




絵師は夢幻廻廊シリーズで有名(?)な椎咲さん。 

椎咲さんの絵は、以前と比べてずいぶん大衆向け化してきたなという印象なんですが、これは嬉しさも残念さも両方感じるのでなんとも言えません。 いや、でもかなり好きな絵師さんです。



今作はBlackCycで触手もの、というところだけで個人的注目作品なのですが…。



個人的にBlackCycには、プレイヤーが見れるところ全て荒れているような世界例えばGUN-KATANAみたいなところでグロっぽいのやられるよりも、一部では狂っていながらも、一般人表向きでは普通の日常を過ごしているところから変化していく展開を望みたいんです。 で、今作は一応それに当てはまりそうなんですね。


とは言っても、「GUN-KATANA」と「ゴア・スクリーミング・ショウ」の中間くらいな気もするので、どこまで進行していくか少し不安。

テキストの中で「漫画的な〜」とか王道的展開だということを語らせることで、あえて意表を突く事は悪くないと思うんですが、それをやり過ぎると安っぽくなりやすいから「少ししつこいかな?」と軽く思いました。 導入部分だけなら問題ないかなぁ。 体験版に含まれていないここからの展開では使われないことを祈ります。 逆手に取るようなもう一手があれば全然気にならないんだけどね。

あと、「許可なく死んでいる」とか「その命令をこなした」とかの流れは中二病度合いが強いから、中途半端に中二病演出するよりも、もう突っ切ってやりきって頂きたいですね。 制作者のオナニーは中途半端が一番困ります。 


タイトルや設定、テキストまで何だか原点回帰。 しかしBlackCycなりの雰囲気は出ているという感じ。 何だかんだで期待度高し!です。









…そういえばジブリール4も発表されましたね。 もう完全に別モンですけどね。 噂ではNTR要素も入るとか某所に書かれてたんですけど、どこの情報なんでしょうか。 これも流行に乗った、「売れそうだからとりあえずNTR書いてみたよ」的な作品にならなければ良いけど…。 なんか嫌な予感しかしない。





そうそう、3の評判が良くなかったのは、絵師の空中幼彩さんの絵柄の変化が大きいんじゃないかと思います。 

絵って大事ですよ? 私だってジブリール3の公式ページでキャラ紹介見たとき、「あれ?絵が劣化してる?」って思ったもの。 見慣れれば進化にも感じられる絵だったんだけど、ぱっと見で決めるような購買層には受けなかったんだと思うよ。

それに触手の使い方も取って付けたような感じで微妙だった。 内容も前作までを希釈したような感じ。 ラブリエルのギャグも同じ事やってりゃ、そりゃ飽きられるよ。