極力ネタバレしない、エロゲーの感想。


Rosebleu - 氷華の舞う空に











(修正パッチver 1.01確認済み)
主人公は好青年で、みんなから好かれているタイプです。
恋愛、好意に対して鈍感なところもテンプレでしょうか。



捻った選択肢がなく分かりやすいので
コンプリートはわりとラクです。
ただし共通ルートが長め。

ウィンドウタイトルにシーンタイトル名が出るのは良いですね
フルスクリーン派には無関係なことですが……
セーブするときにも同じ文字が記録されます。


他√と比べて誤字(漢字間違え、スクリプトの命令コマンドが表示される)が目立つ√があったり
また、とある√ではカップル成立のあと駆け込むようにHシーンの連続、直後にEND、短いエピローグとか



盛り上がりに欠けたまま終わることもあり
√ごとの完成度がまちまち。

細切れをむりやり繋げているような印象で
いきなり場面が変移するので
なんというか全体的に描写が物足りないです。薄っぺらい。
ていうかシナリオも短いです。

泣けるわけではなく
鬱になるようなのでもなく……
やっぱ萌えゲーの範疇かなぁ

時間不足だったのか労力不足だったのか
判断しかねますけども
途中までは普通に楽しめましたし
なんだかもったいないなーと思いました